Windows 8がインストールされている教室のデスクトップパソコン。
DELLの「Vostro 460」というマシンです。
再インストールに備え、以下の処置をしました。

  • 2台の内蔵ハードディスクがあるのですが、OSを再インストールしない方に、データを移動。
  • データを移動したハードディスクを、マザーボードから切断。

過去に一度、データを隔離していた方のハードディスクにOSをインストールしてしまったことがありましたので。クワバラクワバラです。

再インストールが終了し、OSが起動するのを確認して、あらためて、切断していたハードディスクを接続しました。
もちろん、電源を切り、電源ケーブルも抜いて。

その後電源を入れたところ、2台目の方のOSが起動しました。
こちらにもOS(Windows 8 評価版)がインストールされているのです。

あれ?
と思い、F2キーでBIOS画面を開きました。
そして、
「あ!ハードディスクが1台しか認識されていない!」
と思い込みました。
(あとで見間違いだということに気づきました。勘違い^^;)

マザーボードから、2台目の評価版のインストールされている方のハードディスクを除いて電源を入れたところ、システムチェックがスタート。

Checking file system on c:
One of your disks need to be checked for consistency.
Youmay cancel the disk check, but it is strongly recommended that you continue.
Windows will now check the disk.

この「システムチェック」については、OSインストール済の新参者がいきなり来たので、「オレのゆるしも得ずにアイツは何者だったんだ?」とイチャモンつけていたのでしょうかね?
その後、あらたに再インストールしたOSが立ち上がりました。
でも、当然、データを入れたディスクは見えません。

マザーボードに2台、接続されているハードディスクは、本体を立てて開いたとき、下側がプライマリー。上側がセカンド。
上と下をチェンジしてみました。
勘違いしていても、勘違いしているなりに、対処方法があるものですね。
起動時に、システムチェックが入り、再起動してもまた、システムチェックが入りましたが、チェックは2回で収まったようです。
やっと、期待どおりにOSが起動し、データの中身も見えました。ジャンジャン。